選択と集中

戦略とは何をやり、何をやらないかを決めることである。
(マイケル・ポーター)

改善のために考えるべきことは、新しい何かをプラスすることではなく、今やっているマイナスの行動を“やめる”こと。

「選択と集中」

まずは、今日しないことを決める。